エンディミオン純構築|デッキレシピ、回し方、相性の良いカード紹介

2019年3月9日に発売された「ストラクチャーデッキ-ロード・オブ・エンディミオン-」でカテゴリー化したテーマになります。

デッキレシピ

採用カードの簡単な効果、役割

モンスター
創聖魔導王 エンディミオン
妨害要員。魔法・罠を無効にできる。3枚必須カード。
エンプレス・オブ・エンディミオン
特殊召喚要員。召喚権を使わず、自身ともう一体を手札から特殊召喚が可能。2,3枚採用がオススメ。
マギステル・オブ・エンディミオン
特殊召喚要員。召喚権を使わず、自身ともう一体をEXデッキから特殊召喚が可能。3枚必須カード。
サーヴァント・オブ・エンディミオン
特殊召喚要員。召喚権を使わず、自身ともう一体をデッキから特殊召喚が可能。3枚必須カード。
魔導獣 マスターケルベロス
特殊召喚要員。間接的に特殊召喚が可能。初動に引きたいので3枚必須カード。
魔導獣 キングジャッカル
特殊召喚、妨害要員。3枚採用がオススメ。
魔導書士 バテル
魔法発動要因。1枚から2枚の魔法カード可能。3枚採用がオススメ。
マジカル・アブダクター
サーチ要員。万能サーチが可能。3枚採用がオススメ。
魔法
魔法都市エンディミオン
魔力カウンター要員。3枚必須カード。
魔力統轄
サーチ要員。3枚必須カード。
混沌の場
妨害要員。相手フィールド魔法ゾーンを封じることができる。1枚採用。
テラ・フォーミング
サーチ要員。1枚採用。
盆回し
サーチ要員。1枚採用。
成金ゴブリン
ドロー要員。魔力カウンターを加速させる役割もある。3枚採用がオススメ。
グリモの魔導書
サーチ要員。魔力カウンターを加速させる役割もある。2枚採用がオススメ。
ヒュグロの魔導書
攻撃力UP要員。ノー条件で発動できる。1枚採用、採用しなくても問題ない。
ルドラの魔導書
ドロー要員。1枚採用。

デッキの回し方

「魔力統轄」のサーチ先は基本「サーヴァント・オブ・エンディミオン」がいいです。サーヴァントの効果でデッキからエンディミオンをリクルートができるのでリクルート先としては「創聖魔導王 エンディミオン」がベストです。

「魔導獣 マスターケルベロス」のP効果で「魔導獣 キングジャッカル」をサーチし、キングジャッカルのP効果でEXデッキからマスターケルベロスを特殊召喚すれば召喚権を使わずに済みます。

その後にPモンスターを通常召喚すれば「ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム」にアクセスができるぞ!

「魔導書士 バテル」に召喚権を使えれば「グリモの魔導書」をサーチし、さらに「ルドラの魔導書」をサーチできれば魔法カード2回発動できるようになります。

このデッキで召喚権を使いたいのはこのカードだけだから初手に引きたいな。

P効果はこのデッキのほとんどのモンスターにアクセス可能なところがポイント高いです。

相性の良いカード

アストログラフ・マジシャン

ペンデュラム・効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻2500/守2000
【Pスケール:青1/赤1】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。 このカードを破壊し、手札・デッキから「星読みの魔術師」1体を選び、 自分のPゾーンに置くか特殊召喚する。
【モンスター効果】
(1):自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 その後、このターンに破壊された自分または相手のモンスター1体を選び、 その同名モンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。
(2):自分の手札・フィールド・墓地の、「ペンデュラム・ドラゴン」「エクシーズ・ドラゴン」 「シンクロ・ドラゴン」「フュージョン・ドラゴン」モンスター1体ずつと、 フィールドのこのカードを除外して発動できる。 「覇王龍ズァーク」1体を融合召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。

ペンデュラムテーマには必須と言ってもいいカードです。
今回は採用しませんでしたが、採用することをオススメします。

Amazonで購入はこちら⇒アストログラフ・マジシャン

セフィラ

「セフィラ」と組み合わせることによって環境で成果を残したりしています。強さを求めるなら組み合わせましょう。

対戦動画で実際の動き確認

【#遊戯王】剣と魔法のファンタジー決戦!『破壊剣』vs『エンディミオン』【#爆アド】
【遊戯王】新環境ガチ対決! シャドールvsエンディミオン「ソーキの対戦動画」

まとめ

エンディミオンがPモンスターになって帰ってきたときは驚きましたね。

ここ数年Pテーマが全くといっていいほど来なかったから来たときは嬉しいよな!おまけに強いし!

今回は「エンディミオン」デッキの紹介でした。良かったら他の記事も見てください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする