アモルファージ純構築|デッキレシピ、回し方、相性の良いカード紹介

初登場はブースターパック「シャイニング・ビクトリーズ」でOCGオリジナルのテーマになります。

相手を徹底的にメタるのが基本戦術になります。新マスタールールにより従来の大量展開ができなくなってしまったため、扱いにくいテーマになっています。

デッキレシピ

※EXデッキは「ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム」以外基本使用しないので何でも大丈夫です。

採用理由と役割

モンスター

アモルファージ・イリテュム

除外要員。3枚必須カード。

アモルファージ・ノーテス

サーチ封じ要員。3枚必須カード。

アモルファージ・ヒュペル

効果ダメージ0要員。下級の中で最も攻撃力が高いため攻撃要員でもある。

アモルファージ・プレスト

罠封じ要員。3枚採用がオススメ。

アモルファージ・キャブム

チェーン封じ要員。3枚採用がオススメ。

アモルファージ・ガストル

モンスター効果封じ要員。3枚必須カード。

アモルファージ・ルクス

魔法封じ要員。3枚必須カード。

超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン

サーチ要員。全てのアモルファージカードにアクセス可能。3枚必須カード。

アストログラフ・マジシャン

特殊召喚、サーチ要員。1枚採用。

クロノグラフ・マジシャン

特殊召喚要員。1枚採用。

魔法

アモルファスP

ドロー要員。リソースを補充するため、3枚必須カード。

アモルファージ・インフェクション

サーチ、攻守UP要員。サーチも便利だが、攻守UPは痒い所に手が届く。3枚必須カード。

強欲で金満な壺

ドロー要員。EXデッキを使わないため、3枚必須カード。

テラフォーミング

サーチ要員。「アモルファスP」にアクセス可能。1枚採用。

アモルファージ・ライシス

補助要員。あると便利なため1枚採用。採用しなくても問題ない。

ペンデュラム・スイッチ

特殊召喚要員。3枚必須カード。

デッキの回し方・意識する点

回し方

基本的にサーチを封じる「ノーテス」とモンスター効果を封じる「ガストル」をスケールに置いておくことを意識していれば大丈夫です。

この二つが刺さらないデッキはありません。墓地利用を主体にしている場合は「イリテュム」で墓地に行きカードを除外や、魔法を多用してくるなら「ルクス」だったり臨機応変に変えていきましょう。

P召喚をした「アモルファージ」がいる限りお互いEXデッキから「アモルファージ」以外を特殊召喚できないので、素の効果でEXデッキは封じてくれるのも大体のデッキに刺さるので強い点です。

意識する点

「アモルファージ」のスケールは3又は5でレベル4「アモルファージ」しかP召喚ができません。そのためレベル4モンスターを優先的サーチしてください。スケールを揃えてもP召喚ができなければ意味がありません。

リンク召喚をするには?

大前提にP召喚をされた「アモルファージ」が場にいないことです。共通効果でいるとEXデッキから特殊召喚ができません。

このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

(1):自分のPゾーンのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを特殊召喚する。

(2):自分のモンスターゾーンのPモンスター1体を対象として発動できる。 そのPモンスターを自分のPゾーンに置く。

スタンバイフェイズに発動し、Pスケールにいるモンスターを特殊召喚すれば「アモルファージ」維持コスト支払うこと無く特殊召喚ができます。その後通常召喚をすればリンク召喚が可能です。

(1):自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 その後、このターンに破壊された自分または相手のモンスター1体を選び、 その同名モンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。

スタンバイフェイズに維持コストを払わず「アモルファージ」が破壊されれば手札から特殊召喚ができます。おまけに今破壊された「アモルファージ」と同名カードをサーチできるので手札に通常召喚可能なモンスターがいなくても確保することができます。

相性の良いカード

オッドアイズ・ファンタズマ・ドラゴン

星7/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2000

【Pスケール:青4/赤4】

(1):1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンに「オッドアイズ」カードが存在する場合、 自分の表側表示モンスターが相手モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。 その自分のモンスターの攻撃力はバトルフェイズ終了時まで1200アップする。

【モンスター効果】

「オッドアイズ・ファントム・ドラゴン」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。 (1):P召喚したこのカードの攻撃で相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。 自分のPゾーンの「オッドアイズ」カードの数×1200ダメージを相手に与える。

EXデッキの「アモルファージ」を回収することができるのと、スケールが0なのでレベル2の「アモルファージ」もP召喚が可能なのも利点。

ペンデュラム・パラドックス

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 (1):自分のEXデッキの表側表示のPモンスターの中から、 Pスケールが同じでカード名が異なるモンスター2体を選んで手札に加える。

EXデッキにいった場合、回収する手段がほとんどないので、採用すると安定感が増します。しかし、初手に来てしまうと腐ってしまうので今回は不採用。

対戦動画で実際の動き確認

【遊戯王ADS】アモルファージスイッチ【YGOPro】
【#遊戯王】外道テーマ登場! アモルファージ【効果解説】16年06号

まとめ

相手によって封じるカードを選ぶことのできる適応力の高さは魅力的です。

新マスタールールによって全盛期の勢いはなったが、まだ何とか戦うことができるし、安く組むことができるから試しに組んでみるのもありだぞ!

今回は「アモルファージ」の紹介でした。良かったら他の記事も見てください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする