超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ対策講座!手段、カード、デッキもご紹介!

こんにちはしゃもじです。
4月の規制で制限カードになったものの今だ活躍中の「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」の対策手段、対策カード、強く出られるデッキをご紹介していきます。

対策手段

第1陣:召喚を成功させない

特殊召喚されてしまうのは仕方ありません。特殊召喚されると分かっているならそこを封じればOKですね。

わかりやすく「神の宣告」系を出しているが召喚する際に、無効や召喚無効のカードはたくさんあるからデッキの邪魔にならないカードを採用するといいぞ!

ドラグーンの特殊召喚自体を無効にできれば蘇生制限が満たされずに蘇生札で戻ってこないのでオススメです!

ドラグーンを呼ぶために使うであろう真紅融合」を無効にすればデッキ・手札にある「ブラックマジシャン」や「レッドアイズドラゴン」が腐るからそっちを止めるのもありだぞ!

第2陣:対象を取らず墓地除外送り、バウンス

第1陣が破れ相手に召喚を許してしまいました、残念です。
でも大丈夫!第2陣の備えがあれば!

「壊獣」系はどのデッキでも採用できて、手軽だからオススメだぞ!
トリシューラは呼ぶのに少し手間だが、除外という再利用ほぼ不可能なところに送れるぞ!
鬼畜モグラは無条件でEXデッキに戻すことができるぞ!

「壊獣」以外の2枚は効果を発動するので、間違いなく無効にしてくると思うので、あらかじめ効果を使わせるか、この効果にチェーンで他の効果を上乗せして無効にされないようにしましょう!

第3陣:打点を超える

第1陣、第2陣ともに敗れてしまったあなたへ
もう元祖遊戯王である、打点を上回って殴り勝ちましょう!

「ナイト・ドラゴンリッチ」は発動する効果じゃないから召喚したら、ドラグーンの効果を使わせずに殴れるぞ!
大正義は圧倒的5000で殴れ、ヴァレルソードは打点が同じだが、こちらは戦闘破壊されないので一方的に倒せるぞ!

最終奥義:プレイさせない

もう嫌だ!ドラグーンを見たくない!出されたくない!使ってほしくない!と思っているドラグーンに精神をやられてしまった方へ最終奥義を伝授します。プレイさせるな!です。

「浮幽さくら」はこちらもドラグーンを採用しないといない点とメインデッキから積むリスクがあるぞ!身内で相手がドラグーンを使ってくるのが分かっていればメインから入れるのもありだぞ!少し卑怯だがな…

私たちの「No.89」は相手EXデッキのカードを確認し、裏側除外ができるので決まればドラグーンを見ずにデュエルができるので精神衛生上とてもいいです。
レベル7×2という汎用性が高いのもポイントが高いです。

「虚無空間」は相手の「ヴェルデ・アナコンダ」や「真紅融合」のドラグーンが間違いなく呼ばれる瞬間にチェーンで発動すれば防ぐことができるぞ!「真紅融合」は1枚採用が多いから、一度防げばEXデッキでずっとお眠り状態だぞ!

強く出られる有利なデッキ

ここでの強く出られるデッキというのはメタカードを入れなくても通常の動きで十分に「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」を処理できるデッキの事です。

オルフェゴール

環境でも活躍中の【オルフェゴール】から「宵星の機神ディンギルス」です。
このカードはX召喚成功時に、「相手フィールドのカード1枚を選んで墓地に送る」ことができるため、破壊耐性、対象の取れないドラグーンの耐性綺麗にすり抜けた1枚です。

このカードが無効にされてもX素材を送りれば破壊を肩代わりできてるから、その先の展開に繋げて「ヴァレルロード」や「ヴァレルソード」を出せれば処理ができるぞ!

展開の道中についで感覚でドラグーンの効果を使わせることができるのはかなりの強みですね。

まあ、オルフェゴールなら単純になデッキパワーで押し切ることも可能だろうしな!さすが環境デッキだぜ!

魔術師

こちらも環境デッキ【魔術師】から「時空のペンデュラムグラフ」です。
このカードは自分魔術師と相手フィールドのカード1枚を対象にして破壊できます。そして破壊できなかった時フィールドのカードを選んで墓地に送れます。自分魔術師に破壊耐性をつけておけば、このカード1枚で相手フィールドカードを1枚破壊、1枚選んで墓地送りにできます

魔術師は手数の多さが特徴だから、なかなかドラグーンの効果で止めづらいのも強みだな!

そしてそれだけじゃないのが【魔術師】の凄さです。

個人的にはドラグーンよりも何倍も害悪コンボレボリューションコピースタヴです。

「スターヴ・ヴェノム」効果でレボリューションの効果をコピーし、ライフを半分払ってこのカード以外のフィード・墓地のカードデッキに戻す。さらに永続効果で相手ライフの半分の攻撃力がアップするのでノーダメージだと4000、元の2800と合わせて6800、1200以上のモンスターを通常召喚すればワンキルコンボだ!

このコンボは本当に簡単にされてしまうのでドラグーンよりも絶望感が半端ないです。

マドルチェ

中堅デッキから【マドルチェ】から「クイーンマドルチェ・ティアラミス」です。
このカードは相手フィールドのカードを2枚まで選んでデッキに戻すことができます。しかも名称ターン1でないので複数体出すことで相手フィードをさら地に出来ます。

【マドルチェ】共通効果の「破壊され墓地に送られたらデッキに戻る」って効果でデッキ切れになることもないし、戻ることによって発動する魔法カードで結局モンスター増えたりしてドラグーンなら簡単に処理できるぞ!

このデッキはあまりメインデッキに必要なカードが少ないので、手札誘発がたくさん採用できるのが他のデッキより強い点です。

振り返り(小話)

今回は「超魔導竜騎士ドラグーン・オブ・レッドアイズ」について真面目に対策を考えました。
1人でも参考にしてくれたら嬉しいです。

その前に禁止になる気がするがな…

そうですね、使われる専門でしたが、使える今のうちに使ってあげた方がいいですかね。わかりました、ちょっと買ってきます。

いや、ドラグーン持ってなかったんかい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする