ペンデュラムテーマの息の長さが尋常じゃない

ペンデュラムテーマって息長いですよね~
特に魔術師、セフィラ、エンディミオンとか。

特にエンディミオンなんかは最近も優勝してたしな。

なんでこんなに息が長いんですかね?

最終到着点の妨害札が多いからじゃないか?セフィラで先行5妨害みたいなの見たことあるぞ。

他の召喚方法と違ってスケールを用意する分使いにくいイメージがありますけど、いけるもんなんですね。

アストログラフ・マジシャンがいるからな!

こいつで展開とサーチが同時に出来るからな。

制限カードなのでエレクトラムがいるから直ぐ来ますしね。

どっちか又は両方禁止になってもおかしくない性能ですよね。

どちらかと言えばアストログラフ・マジシャンの方が悪いな。あのカードにはターン1が付いていない!

そのせいでスターヴヴェノムでエレクトラムをコピーしてぐるぐる使い回すことができちゃうんだよなー。

展開後に並んだスターヴヴェノムでタイタニックギャラクシーって流れが強すぎますよね。

ペンデュラムテーマって他の召喚法といろいろ使うけど、他の召喚法はペンデュラムを使えないってのも他とは違う召喚法だって感じますよね。

そうだな。
ペンデュラムはほぼメインデッキ専用構築にしないと戦えないからな、イグナイトとかはペンデュラム召喚をする目的じゃなくてサポート目的で使ったりするけどな。

結局ペンデュラムテーマって何をすれば動きが止まりますか?

やっぱりアストログラフ・マジシャンが禁止になれば全体的におとなしくなるんじゃないか?エレクトラムはペンデュラムの弱点なところを補ってくれてる感じがするからな。
アストログラフ・マジシャンいたら強いが、エレクトラム効果→アストログラフ・マジシャンの流れがペンデュラムデッキの多様性をつぶしてる感じするしな。

アストログラフ・マジシャン規制により、ただでさえ出しにくいズァークがさらに出しにくくなる……

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする