竜の渓谷サーチでレムスに完全敗北したロムルスが高騰?

こんにちはしゃもじです。
今回は「ドラグニティ・ドライブ」で新規収録が決定した『ドラグニティ-レムス』によってロムルスの価値が下がってしまったことについて話していきたいと思います。

最初に今回新規収録される「ドラグニティーレムス」の効果がこちらになります。

チューナー・効果モンスター
星2/風属性/ドラゴン族/攻 800/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、 このカードをS素材とする場合、「ドラグニティ」モンスターのS召喚にしか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。 デッキから「竜の渓谷」1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドに「ドラグニティ」モンスターが存在する場合に発動できる。 このカードを墓地から特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。 このターン、自分はドラゴン族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

そしてこちらが「ドラグニティナイト-ロムルス」の効果になります。

リンク・効果モンスター
リンク2/風属性/ドラゴン族/攻1200
トークン以外のドラゴン族・鳥獣族モンスター2体 このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「ドラグニティ」魔法・罠カードまたは「竜の渓谷」1枚を手札に加える。
(2):ドラゴン族モンスターがEXデッキからこのカードのリンク先に特殊召喚された場合に発動できる。 手札からドラゴン族・鳥獣族モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン、効果が無効化され、リンク素材にできない。

比較するとレムスは「手札から捨ててサーチ」に対して「リンク召喚してサーチ」になります。

ロムルス登場時は「ついに竜の渓谷サーチが来たぞー!」って騒がれてたよな。
その座が交代するわけか。

はい、決してロムルスの存在価値がなくなるわけではありません
現在でも「ドラグニティグロー」のような強力な魔法カードがの新規収録が決定しているので、展開の中で魔法カードサーチというのが今後の使われ方になると思います。

ロムルスが高騰?

結局「竜の渓谷」に関しては「レムス」の方が使い勝手が良いが、「ロムルス」の方が「竜の渓谷orドラグニティ魔法・罠」という汎用性が高いし、手札から特殊召喚できる展開の要にはなるな!

間違いないですね。
その根拠としてロムルスの需要が今上がってるんですよ!
私はこのドラグニティストラク発売が決定した時に「ロムルス」を3枚購入したんですけどその時の価格が700円でしたね。1枚200円ちょっとくらいの換算になります。。
しかし、現在では3枚で1500円ほどになっています。この事からも間違いなく短期間で価格が上昇しています。

期間的にも採録されることはなさそうというのが大きいだろし、展開できっと必要になるだろうからな。

高騰のきっかけにはTwitterで「レムス+手札1枚」でできる先行展開が大量にツイートされているからなんですね。
見てもらえれば分かると思うのですが、レムス+手札1枚で最終盤面が何妨害も構えることができます。
その展開の道中には必ず「ロムルス」が使われています。

へー、じゃあ最低1枚は欲しいな。

Amazonで購入はこちら⇒ドラグニティナイト-ロムルス

まとめ

ドラグニティはやっぱりイラストアドが高いので今回のストラクを機に作りたいと考えている方は発売直前になるとさらに価格が上がると思うので買うなら今のうちがいいと思います。
今回は以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする