マイナーカードに光を!グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン徹底解説

みなさんこんにちはしゃもじです。今日はマイナーカードを紹介していきます。
今回は「グリーディ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」です。

融合・効果モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻3300/守2500
「捕食植物」モンスター+元々のレベルが8以上の闇属性モンスター
このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 ターン終了時まで、そのモンスターの攻撃力は0になり、効果は無効化される。
(2):このカードが破壊され墓地へ送られた場合に発動する。 フィールドのモンスターを全て破壊する。 その後、自分の墓地のレベル8以上の闇属性モンスター1体を除外して このカードを墓地から特殊召喚できる。

カード紹介

2016年11月12日に発売された「ブースターSP-フュージョン・エンフォーサーズ-」に初収録されました。

アニメARC-Vでユーリが使用したエースモンスターの「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」強化系に当たるな。本編の登場回数は少ないが、しっかり活躍していたぞ!

「イラストアドが高くて使いたい!」って人も多いと思うんですが、使う人はまずいないですよね。

なんで使わないんだろうな(棒)

そもそもなぜ使われない?

素材縛り

融合素材
「捕食植物」モンスター+元々のレベルが8以上の闇属性モンスター

「捕食植物」という素材縛りがあるため汎用度が下がってしまっています。
しかし、捕食植物には「オフリススコーピオ&ダーリングコブラ」のセットがあるため捕食植物にしか使えないというわけではありません。

問題はレベル8以上の闇属性自体は結構いるが、じゃあデッキで採用するかと言われればしないだろうな。

闇属性レベル8はスターヴヴェノムを意識していると思いますが、それなら「クリスタル・ウィング・シンクロ・ドラゴン」のチューナー+Sモンスターのように捕食植物+融合モンスターにすればかなり汎用度はあったと思いますね。

捕食植物キメラフレシア

融合・効果モンスター
星7/闇属性/植物族/攻2500/守2000
「捕食植物」モンスター+闇属性モンスター
(1):1ターンに1度、このカードのレベル以下のレベルを持つ フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを除外する。
(2):このカードが相手の表側表示モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。 ターン終了時まで、その相手モンスターの攻撃力は1000ダウンし、 このカードの攻撃力は1000アップする。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、次のスタンバイフェイズに発動できる。 デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。

グリーディーヴェノムが出せるときは必ずキメラフレシアも出すことができます。このカードがあることによって捕食植物デッキを使っていても呼ぶ機会が格段に下がります。

(1)に除外、(2)に攻撃力4500以下には負けない、(3)にやられても活躍する隙の無い強さがあるからな。比較したらどっちが使われるかは一目瞭然だろう。

効果

(1):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 ターン終了時まで、そのモンスターの攻撃力は0になり、効果は無効化される。
(2):このカードが破壊され墓地へ送られた場合に発動する。 フィールドのモンスターを全て破壊する。 その後、自分の墓地のレベル8以上の闇属性モンスター1体を除外して このカードを墓地から特殊召喚できる。

(1)(2)共に結構強力で決して弱くないです。特に(2)の効果は破壊以外で除去する方法が増えているとは言え、基本はやはり破壊なのでこのカードがあるとなかなか展開もしにくくなるので倒しても少なくとも1回は蘇生されるので場持ちもなかなかいいです。

(1)の効果も強いが起動効果なのでが、少し現代遊戯王にはマイナスポイントだな。だが、自分ターンなら実質ダイレクトアタックと同じことができるからいいな。

まとめ

やはりネックなのが召喚条件になりますね。効果はかなり強いですから。

やっぱりクリスタルウィングみたいに捕食植物+融合モンスターぐらいが良かったんじゃないか?

そうかもしれないですね。けれど呼べないって程ではないですし、YouTubeで見ましたが「ギミックパペット」と組み合わせると簡単に出せるみたいですよ。

確かに、みんなレベル8、闇属性だからわざわざ融合しなくても簡単に出せるよな!

今後「ダークリベリオン」のように別形態になって強化が来るのを待ちたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする