マイナーカードに光を!覇王白龍オッドアイズ・ウィング・ドラゴン徹底解説

みなさんこんにちはしゃもじです。今日はマイナーカードを紹介していきます。
今回は「覇王白龍オッドアイズ・ウィング・ドラゴン」です。

シンクロ・ペンデュラム・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
【Pスケール:青10/赤10】
(1):1ターンに1度、自分のモンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。 その自分のモンスターの攻撃力はそのダメージステップ終了時まで、 その相手モンスターの攻撃力分アップする。
【モンスター効果】
闇属性チューナー+チューナー以外の「クリアウィング」モンスター1体
このカード名の(1)(2)のモンスター効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
(2):S召喚したこのカードが存在する場合、お互いのバトルフェイズに発動できる。 相手フィールドのレベル5以上のモンスターを全て破壊する。
(3):モンスターゾーンのこのカードが破壊された場合に発動できる。 このカードを自分のPゾーンに置く。

カード紹介

2017年4月28日に発売された、「MASTER GUIDE5」に初収録をされています。

アニメARC-Vでも最終回前に1度だけ登場したが、効果を相手に無効にされた上に、次の展開のためのトリガーとして相手へ自爆特攻させられるという登場時間が3分もなかった悲しいカードだぞ!

「イラストアドが高くて使いたい!」って人は多いと思うんですが、使う人は滅多にいないんですよね。というか見たことないですね。

なんで使われないんだろうな(棒)

そもそもなぜ使われない?

理由簡単ですね。3つにまとめて解説します。

厳し過ぎる素材縛り

素材条件
闇属性チューナー+チューナー以外の「クリアウィング」モンスター1体

チューナー、非チューナー共に結構重い素材縛りがあります。

「クリアウィング」モンスターって現状3種類しかないないし、「覇王眷属クリアウィング」はレベル8だからすでに出さないし、実質2種類しかねえじゃん!

そうなりますね。その上、正規召喚をしようとすれば「闇属性チューナー」にレベル1という条件が加わります

闇属性、チューナー、レベル1って条件に当てはまるのは現状で26種類ほどいるぞ。

私が一番オススメするカードは「EMオッドアイズ・シンクロン」ですね。

このカード自体はレベル2ですが、P効果で「EM」または「オッドアイズ」をレベル1のチューナーにしてくれます

このカードがあればわざわざデッキの不安要素になりかねないカードを採用せずにいつでも変更できるわけだな!

「EMオッドアイズ」デッキに限りますがね……
「クリアウィング・シンクロ・ドラゴン」自体は汎用モンスターなので「EMオッドアイズ」デッキを使うことを強くオススメします

クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン

シンクロ・効果モンスター 星8/風属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
チューナー+チューナー以外のSモンスター1体以上
(1):1ターンに1度、このカード以外のモンスターの効果が発動した時に発動できる。 その発動を無効にし破壊する。 この効果でモンスターを破壊した場合、 このカードの攻撃力はターン終了時まで、 この効果で破壊したモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(2):このカードがレベル5以上の相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。 このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、 戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分アップする。

覇王白龍が全く使われない原因がこのカードですね。

このカードだけのせいじゃないと思うがな……

このカードは覇王白龍の召喚条件をかなり軽くしたような条件になっています。
その上、効果も覇王白龍より汎用度があり、強力になっています。そのため覇王白龍が出た当初から常に比較されていました。

効果、P効果ともにあまり強くない

【P効果】
(1):1ターンに1度、自分のモンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。 その自分のモンスターの攻撃力はそのダメージステップ終了時まで、 その相手モンスターの攻撃力分アップする。
【モンスター効果】
このカード名の(1)(2)のモンスター効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
(2):S召喚したこのカードが存在する場合、お互いのバトルフェイズに発動できる。 相手フィールドのレベル5以上のモンスターを全て破壊する。
(3):モンスターゾーンのこのカードが破壊された場合に発動できる。 このカードを自分のPゾーンに置く。

弱いということはないんですが、出しても活躍することがほとんどありません。(1)の効果は強いのですが起動効果という点で相手の展開を妨害することができないのが使いにくい点です。

(2)の効果だって決まれば強いが、今の時代リンク、エクシーズなんかのレベルを持たないモンスターも結構いるし、環境のテーマを見てもレベル5以上を出すテーマは少ないぜ。

召喚法

正規召喚

「クリアウィング・シンクロ・ドラゴン」「オッドアイズ・シンクロン」の効果でレベル1チューナーにすることができる効果の活用できる「EMオッドアイズ」デッキを使うのが私のオススメです。

クリアウィング系をだすなら「SR(スピードロイド)」デッキがいいが、風属性デッキに闇属性を入れると事故る可能性があるから上手く構築する必要があるな。

非正規召喚

オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン

エクシーズ・効果モンスター
ランク7/水属性/ドラゴン族/攻2800/守2500
レベル7モンスター×2
「オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分または相手のモンスターの攻撃宣言時に、 このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。 その攻撃を無効にする。 その後、自分の手札・墓地から「オッドアイズ」モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
(2):X召喚されたこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 エクストラデッキから「オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン」以外の 「オッドアイズ」モンスター1体を特殊召喚する。

X召喚したのちにリンク召喚素材などに使ってしまえば即座に覇王白龍を出すことができます。

この効果で出しても効果は無効にならないから結構オススメだぞ!

覇王白龍の厳しい素材がレベル7×2で間接的に出せるようになるのでこのカードを活用すればいろんなデッキに覇王白龍を採用できるようになりますね!

Amazonで購入はこちら⇒オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン

アルティマヤ・ツィオルキン

シンクロ・効果モンスター
星0/闇属性/ドラゴン族/攻 0/守 0
ルール上、このカードのレベルは12として扱う。
このカードはS召喚できず、自分フィールドの表側表示のレベル5以上で同じレベルの、 チューナーとチューナー以外のモンスターを1体ずつ墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、自分フィールドに魔法・罠カードがセットされた時に発動できる。 「パワー・ツール」Sモンスターまたは レベル7・8のドラゴン族Sモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。
(2):フィールドのこのカードは、他の自分のSモンスターが存在する限り、 攻撃対象及び、効果の対象にならない。

召喚が少し難しいですが、「オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン」はレベル7×2に対して、こちらはレベル5以上ならチューナーと非チューナーを揃えればいいのでまた違ったデッキに採用できそうですね。

こっちも効果が無効にされないからオススメだぞ!

Amazonで購入はこちら⇒ アルティマヤ・ツィオルキン

覇王門零

ペンデュラム・効果モンスター
星7/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
【Pスケール:青0/赤0】
(1):自分フィールドに「覇王龍ズァーク」が存在する場合、自分が受ける全てのダメージは0になる。
(2):1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンに「覇王門無限」が存在する場合に発動できる。 自分のPゾーンのカード2枚を破壊し、 デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。
【モンスター効果】
(1):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。 そのカードとこのカードを破壊し、ドラゴン族の融合モンスターまたは ドラゴン族のSモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は0になり、 効果は無効化され、S・X召喚の素材にできない。
(2):モンスターゾーンのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。 このカードを自分のPゾーンに置く。

他2枚より覇王白龍を出すだけならこのカードが一番簡単です。
しかし、効果が無効になってしまうのでそこだけは注意が必要です。

すぐに破壊してPゾーンに置くことでP効果を使う前提なら一番オススメだぞ!

Amazonで購入はこちら⇒覇王門零

まとめ

覇王白龍はイラストアドがすごいので一定のファンがいそうですよね。

機械みたいな無機物感というかガンダムのような感じがカッコイイよな!

覇王黒龍のように強化を待ちたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする