EM+竜剣士デッキレシピ、回し方詳しく、相性の良いカード紹介|2020/4/1リミレギュ

遊戯王ARC-Vにおいて主人公が使用したテーマであり、融合、シンクロ、エクシーズを使うことができ、構築次第でバリエーション豊富な自分も相手楽しむことのできる展開が可能なテーマとなっている(するとは言ってない)。

デッキレシピ

【モンスター】32枚
EMオッドアイズ・シンクロン×2
EMシルバー・クロウ×3
EMドクロバット・ジョーカー×1
EMペンデュラム・マジシャン×3
EM天空の魔術師×3
EMオッドアイズ・ディゾルヴァ―×2
EMキングベアー×3
オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン×1
超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン×3
覇王眷竜ダークブルム×1
覇王門零×1
アストログラフ・マジシャン×1
クロノグラフ・マジシャン×1
竜剣士ラスターP×1
竜剣士マスターP×3
竜魔王ベクターP×3
【魔法】6枚
デュエリスト・アドベント×3
竜呼相打つ×3
【罠】2枚
ペンデュラム・ディメンション×1
ペンデュラム・スイッチ×1
【EXデッキ】15枚
EMガトリングール×1
剛竜剣士ダイナスターP×1
オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン×1
覇王眷竜スターヴ・ヴェノム×3
覇王龍ズァーク×1
覇王眷竜クリアウィング×1
爆竜剣士イグニスターP×2
オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン×1
昇竜剣士マジェスターP×1
覇王眷竜ダークリベリオン×1
ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム×1
見習い魔嬢×1

知っておきたい動き

EMペンデュラム・マジシャン

ペンデュラム・効果モンスター
星4/地属性/魔法使い族/攻1500/守 800
【Pスケール:青2/赤2】
(1):自分フィールドに「EM」モンスターがP召喚された場合に発動する。 自分フィールドの「EM」モンスターの攻撃力はターン終了時まで1000アップする。
【モンスター効果】
このカード名のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、自分フィールドのカードを2枚まで対象として発動できる。 そのカードを破壊し、破壊した数だけデッキから「EMペンデュラム・マジシャン」以外の 「EM」モンスターを手札に加える(同名カードは1枚まで)。

このデッキにおいての「EMペンデュラム・マジシャン」のポジションはとても重要で毎ターン効果を発動できるかで展開に大きくかかわってきます。

「EMドクロバット・ジョーカー」「デュエリスト・アドベント」からサーチができるため実質7枚体制になります。

「EMペンデュラム・マジシャン」は必ずしもP召喚しないと効果が使えない場合じゃないから、「クロノグラフ・マジシャン」なんかで特殊召喚するのもありだぞ!

Amazonで購入はこちら⇒EMペンデュラム・マジシャン

EMオッドアイズ・シンクロン

ペンデュラム・チューナー・効果モンスター

星2/闇属性/魔法使い族/攻 200/守 600
【Pスケール:青6/赤6】
(1):1ターンに1度、自分フィールドの「EM」モンスターまたは 「オッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。 このターン、その表側表示モンスターをチューナーとして扱い、レベルは1になる。
【モンスター効果】 EXデッキから特殊召喚したこのカードは、S召喚に使用された場合に除外される。
(1):このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のレベル3以下の、 「EM」モンスターまたは「オッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
(2):1ターンに1度、自分のPゾーンのカード1枚を対象として発動できる。 そのカードを効果を無効にして特殊召喚し、 そのカードとこのカードのみを素材としてSモンスター1体をS召喚する。

このカードはモンスターゾーンいるときPスケールのモンスターを特殊召喚し、そのままS召喚をしてくれます。
Pスケールに「EMキングベアー」「クロノグラフ・マジシャン」がいる場合そのまま「覇王眷竜クリアウィング」「爆竜剣士イグニスターP」になれるので使っていきたいですね。

P効果だと表側表示モンスターをチューナーとして扱い、レベルは1にできるから、上手くやればシンクロモンスターを出すことができるぞ!

今回はEXデッキの都合で採用しませんでしたが、チューナーにできる点を利用し、「水晶機巧‐ハリファイバー」なんかも出すことが可能です。

Amazonで購入はこちら⇒ EMオッドアイズ・シンクロン

EMオッドアイズ・ディゾルヴァ―

ペンデュラム・効果モンスター
星8/闇属性/魔法使い族/攻2000/守2600
【Pスケール:青4/赤4】
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。 自分の手札・フィールドから、 ドラゴン族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、 その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
【モンスター効果】
このカード名の(1)のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のPモンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。 このカードを手札から特殊召喚し、その自分のモンスターはその戦闘では破壊されない。
(2):自分メインフェイズに発動できる。 融合モンスターカードによって決められた、 このカードを含む融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、 その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。 その際、自分のPゾーンに存在する融合素材モンスターも融合素材に使用できる。

このカードはモンスターゾーンいるときPスケールのモンスターを特殊召喚し、そのまま融合召喚をしてくれます。
融合先は「EMガトリング―ル」「オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン」ですね。

Pゾーンにいる場合は融合先が【ドラゴン族】に限られるから、「オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン」だけになるな。

Amazonで購入はこちら⇒ EMオッドアイズ・ディゾルヴァー

対戦動画で他EMデッキの動きを確認

【遊戯王ADS】 侵略するペンデュラム EMエーリアン 【ゆっくり実況】
【#遊戯王】魔救でみんなを笑顔に…! 『EMスマイル』 vs 『アダマシア』【対戦動画】

まとめ

このデッキは「EMペンデュラム・マジシャン」が鍵になりますね。他のデッキとかだと1,2効果を使ったらもうサーチ先がありませんが、このデッキなら何回も使えるのが魅力ですね。

1枚からデッキのほとんどにアクセスできるのは強いよな。

EMペンデュラム・マジシャン」をサーチするために「デュエリスト・アドベント」などがあるので、初手に引ける確率は高いのもポイントが高いですね。

今回は「EM+竜剣士」デッキの紹介でした。良かったら他の記事も見てください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする